弁護士への回収相談

売掛金をきちんと管理しても、回収漏れを完全に防ぐことはできません。実際に回収が遅れたり、支払う意志がないと判断された取引相手には、相応の対応をする必要があります。なぜなら、売掛金には消滅時効というものが設定されており、一定期間を過ぎると有効期限が切れて回収できなくなる可能性がある為です。債務によってその設定は異なる為、売掛金回収ができていない債権については必ず確認をしておきましょう。

電話や直接会って催促できる取引先であれば解決も早く済むことが多いですが、相手に悪意があり、待っていても拉致があかない場合は、売掛金の回収に向けて打開策を考えなければいけません。この場合は、やはり専門家である弁護士に相談されることをお勧めします。会社から督促しても対応しなかった取引先でも、弁護士から連絡や面談、交渉を提示することによって態度を変えてくることがあります。こちらの本気度を見せる為にも弁護士を通すことは有効ですし、また最終、裁判所に手続きをする事態になったとしても、弁護士に依頼しておけばスムーズに適切な対応をしてもらうことができます。訴訟や差し押さえともなると労力やストレスは相当かかってきますので、まずは無料相談として気軽に問合せしてみると良いでしょう。