未分類

弁護士への回収相談

売掛金をきちんと管理しても、回収漏れを完全に防ぐことはできません。実際に回収が遅れたり、支払う意志がないと判断された取引相手には、相応の対応をする必要があります。なぜなら、売掛金には消滅時効というものが設定されており、一定期間を過ぎると有効期限が切れて回収できなくなる可能性がある為です。債務によってその設定は異なる為、売掛金回収ができていない債権については必ず確認をしておきましょう。

電話や直接会って催促できる取引先であれば解決も早く済むことが多いですが、相手に悪意があり、待っていても拉致があかない場合は、売掛金の回収に向けて打開策を考えなければいけません。この場合は、やはり専門家である弁護士に相談されることをお勧めします。会社から督促しても対応しなかった取引先でも、弁護士から連絡や面談、交渉を提示することによって態度を変えてくることがあります。こちらの本気度を見せる為にも弁護士を通すことは有効ですし、また最終、裁判所に手続きをする事態になったとしても、弁護士に依頼しておけばスムーズに適切な対応をしてもらうことができます。訴訟や差し押さえともなると労力やストレスは相当かかってきますので、まずは無料相談として気軽に問合せしてみると良いでしょう。

 

売掛金の管理体制作り

掛売金回収において大切なことは、常に取引相手の掛売金についてすぐ把握できる管理体制にすることがポイントになります。ぱっと見てわかるようにしておくことによって、支払い期日前のアラートをすることもできますし、期日当日直ぐに催促の電話やメールをしたり、直接訪問して回収することも可能です。また、一度遅れた取引先への後の対応もしやすくなります。掛売金回収に大切なこととは、回収に重きを置くのではなく、遅らせない財務管理をすることが大切です。代金の回収が完了するまでが仕事であるという心構えを持つようにしましょう。

効率的な管理体制を整えるには、取引先毎の管理台帳を作る必要がありますが、簡単にできるソフト等がありますので導入すると良いでしょう。また、新規の取引先については、信用調査を行い、与信枠(その会社に与える限度額のこと)を取り決め、その枠内での取引をするようにします。与信枠は定期的にチェックし、状況に応じて対応しましょう。また、取引先毎に、いつまでに、いくらの支払いかということを把握することによって、何が起きても迅速に的確な対応をすることができます。取引先の情報や経営状況を常にチェックする機能を持つようにしておくと良いでしょう。

適切な売掛金回収方法

商品の代金を支払い日になっても払ってくれない、連絡しても曖昧な返事ばかりでなかなか払おうとしない、いつも居留守を使われてしまう、といった売掛金回収の悩みは、商売をされている人であれば、少なからず経験があるかと思います。つまりツケのある状態が続くと、取引先が倒産して未回収に陥り、一円も入って来ないという最悪の事態にもなりかねませんので、売掛金回収は会社の経営者や個人事業主の方にとって、大きな課題と言えます。

売掛金とは、商品や製品の販売した際に代金を支払わず、後日取り決めた期日に請求する掛取引という取引形態において、その受け取る代金のことを意味しています。その代金を受け取る権利のことを債権と言います。適切な売掛金回収の方法として、内容証明郵便の送付による督促、交渉による回収、相手との買掛金(こちら側が支払い義務のある代金)との相殺による回収、販売した製品の引き上げによる回収、債権の譲渡による回収、こちらの売掛金を第三者に譲渡して回収等があります。それでも未回収の場合は、支払い督促、少額訴訟や訴訟等の裁判手続きをして回収を図らなければなりません。ここまでくると、素人には難しく、また労力も時間も必要になりますので、弁護士に相談されることをお勧めします。少ない金額だからと諦めてしまうと、あの会社は売掛金回収に甘いと周りに広まってしまいますので、きちんと対応しなければいけません。では、掛売金の管理について説明します。