適切な売掛金回収方法

商品の代金を支払い日になっても払ってくれない、連絡しても曖昧な返事ばかりでなかなか払おうとしない、いつも居留守を使われてしまう、といった売掛金回収の悩みは、商売をされている人であれば、少なからず経験があるかと思います。つまりツケのある状態が続くと、取引先が倒産して未回収に陥り、一円も入って来ないという最悪の事態にもなりかねませんので、売掛金回収は会社の経営者や個人事業主の方にとって、大きな課題と言えます。

売掛金とは、商品や製品の販売した際に代金を支払わず、後日取り決めた期日に請求する掛取引という取引形態において、その受け取る代金のことを意味しています。その代金を受け取る権利のことを債権と言います。適切な売掛金回収の方法として、内容証明郵便の送付による督促、交渉による回収、相手との買掛金(こちら側が支払い義務のある代金)との相殺による回収、販売した製品の引き上げによる回収、債権の譲渡による回収、こちらの売掛金を第三者に譲渡して回収等があります。それでも未回収の場合は、支払い督促、少額訴訟や訴訟等の裁判手続きをして回収を図らなければなりません。ここまでくると、素人には難しく、また労力も時間も必要になりますので、弁護士に相談されることをお勧めします。少ない金額だからと諦めてしまうと、あの会社は売掛金回収に甘いと周りに広まってしまいますので、きちんと対応しなければいけません。では、掛売金の管理について説明します。